北单竞彩官网app_体育平台下载~

图片

国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

News&Topics一覧

ホーム > News&Topics一覧 > プレスリリース:アフターコロナを見据えた「次世代の都市モデル検討手法」の提案 ~名古屋工業大学とUR都市機構による共同研究の成果報告~

アフターコロナを見据えた「次世代の都市モデル検討手法」の提案 ~名古屋工業大学とUR都市機構による共同研究の成果報告~

カテゴリ:プレスリリース|2021年09月01日掲載


 国立大学法人名古屋工業大学の研究グループ(大学院工学研究科工学専攻社会工学系プログラム 伊藤孝紀准教授)と独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、2018年度より、エリアマネジメントが行われている名駅南地区を対象にして、地区の活性化に向けた施策を立案するための共同研究を実施しております。この度、共同研究の結果をとりまとめましたので公表いたします。

共同研究による結果内容

 昨今、新型コロナウィルスの影響によるライフスタイルの変化やSDGsの浸透による事業環境の変化によって、新しい都市機能が求められています。そのような環境の下、本研究では、未来の都市はどのように変化するかを模索し、その変化を都市構造のモデルとして表現することを目指してきました。コロナ禍における世界中のレポート約250本より、ライフスタイルや価値観の変化を踏まえた「New Normalな都市の10のキーワード」を設定し、これを活用することで方程式を解くかのようにシンプルで汎用性がありながらも、地域らしさを表現できる「都市モデルの検討手法」を導き出しました。(手順の詳細は別紙

今後の展開

 今後、本学とUR都市機構は、都心部や地方都市における特徴的で、魅力的なまちづくりの展開を目指し、この新しい検討手法で導き出した都市モデルを名古屋都心部のまちづくり関係者や市役所、地方自治体に提案していくとともに、その実現に向けた社会実験等の取組みを積み重ねていきます。

pic2.jpgpic3.jpg

※立体駐車場のリノベ、常設パークレットの設置、自動運転実証実験など連動した研究を実践中。

お問い合わせ先

研究に関すること

名古屋工業大学大学院工学研究科 工学専攻社会工学系プログラム
准教授 伊藤 孝紀
Tel: 052-735-5329
E-mail: ito.takanori[at]nitech.ac.jp

広報に関すること

名古屋工業大学 企画広報課
Tel: 052-735-5647
E-mail: pr[at]adm.nitech.ac.jp

*それぞれ[at]を@に置換してください。


ページトップへ