北单竞彩官网app_体育平台下载~

图片

国立大学法人名古屋工業大学

文字サイズ
検索

就職?キャリア?学生生活

ホーム > 就職?キャリア?学生生活 > 経済的支援 > 大学院博士後期課程の経済的支援

大学院博士後期課程の経済的支援

1. 入学料?授業料について

(単位:円)

摘要 学外からの入学 学内からの進学(※)
入学料 282,000 不要
授業料 半期 267,900 267,900
年額 535,800 535,800
入学検定料 30,000 不要

※【学内からの進学】本学博士前期課程を修了し,引き続き博士後期課程に進学する者

2. 入学料?授業料免除制度

成績優秀で,かつ,経済的理由により納付が困難な場合,本人の申請に基づき選考により入学料,授業料を免除する制度があります。

入学料免除/徴収猶予

入学料の全額または半額を免除,徴収猶予できる制度です。

授業料免除

授業料の全額または半額を免除できる制度です。

3. 奨学金

(1)「名古屋工業大学基金博士後期課程学生修学支援事業」

名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程学生への経済的支援の充実のため,予算の都合により免除対象者とならなかった授業料免除有資格者に対し,本学基金から授業料免除相当額を給付する制度です。

(2)日本学生支援機構による奨学金

この奨学金は貸与型奨学金で,第一種奨学金は無利子,第二種奨学金は有利子となっています。

第一種奨学金には学業優秀な大学院学生を対象にした「返還免除制度」があり,博士後期課程の新入生向けには,入学年度に,採用時内定候補者を選考する,「返還免除候補者の内定制度」もあります。

(3)民間財団等による奨学金

大学の推薦が不要の自由応募(直接申請可能)奨学金と,大学の推薦を必要とする給付型又は貸与型奨学金があります。

各種奨学金募集状況は,募集の都度「奨学金?授業料免除申請受付状況」に掲載しますので,確認をしてください。

4. TA/RA制度

優秀な大学院学生に対し,TA/RA制度があり,その業務補助に対する給与を支払い,経済的支援を行います。(TA/RAとも時給1,300円)

  • TA(ティーチングアシスタント):教育的補助業務を行う制度
    2019年度 TA採用人数 25名 平均受給額 58,400円/年
  • RA(リサーチアシスタント):研究補助業務を行う制度
    2019年度 RA採用人数 31名 平均受給額 364,000円/年

5. 日本学術振興会による特別研究員制度

大学院博士後期課程在学者で,優れた研究能力を有し,本学で研究に専念することを希望する者を「特別研究員(DC)」に採用し研究奨励金を支給する制度です。

期間 研究奨励金
特別研究員DC1 3年間 月額200,000円
特別研究員DC2 2年間 月額200,000円

なお,特別研究員には,科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)の助成を受けることが可能であり,科学研究費委員会の審査を経て,毎年度150万円以内の研究費が交付されます。

6. 経済支援(年間)のモデルケース

A:【独立生計者】日本学生支援機構奨学金,民間財団奨学金を受給
支援額合計 3,199,800円
日本学生支援機構奨学金(貸与) 1,464,000円 (122,000円/月×12)
(貸与終了後に返還免除制度有り)
民間財団奨学金(給付) 1,200,000円 (100,000円/月×12)
授業料全額免除(前期?後期) 535,800円 (267,900円/期×2)
B:【4人世帯(世帯総収入800万円)】RA採用,「名古屋工業大学基金博士後期課程学生修学支援事業」前期分?後期分給付(半額相当)
支援額合計 631,000円
RA給与(1,300円/時) 364,000円 280時間/年×1,300円)
博士後期課程学生修学支援事業 267,900円 (133,950円×2)
C:【独立生計者】日本学術振興会特別研究員に採用
支援額合計 2,935,600円
日本学術振興会特別研究員 2,400,000円 (200,000円/月×12)
授業料全額免除(前期?後期) 535,800円 (267,900円/期×2)

* あくまでもモデルケースのため。申請者数等により免除対象者とならない場合もあります。


ページトップへ